女は自分磨きを辞めたときおばさんになる『肌に弾力とハリを与える』

女磨きch
スポンサー

『キメ肌』にとって必要な「肌の弾力とハリ」は年齢が進むにつれて、知らず知らずのうちに失っています。弾力とハリをキープ&復活するためのスキンケア方法などご紹介しますね。
今はまだ弾力やハリがあると思っているあなた!手遅れになる前に早めのケアが必要ですよ。弾力やハリをあまり感じなくなったというあなたは弾力とハリのある肌を取り戻しましょう!

『キメ肌』になるための弾力とハリの目指す肌は

『潤いのあるハリと弾力があって透明感のある肌』お肌が健康だとノーメイクでも出かけることが出来ますが、メイクのノリも良くより一層輝いて見えます。女性だけではなく男性も『キメ肌』ってだけでモテモテになっちゃいますよ。

スポンサー

肌の弾力やハリがなくなってしまう原因

指で肌をツンッって押したとき、「ピンッ」って帰ってくる肌って弾力とハリがあって、赤ちゃんの様な肌ですよね。弾力とハリを失っているのは加齢だけではありません。『キメ肌』作るために肌の弾力やハリが衰えてしまう原因を知っておく必要があります。

コラーゲンの低下

タンパク質の種類のコラーゲンは弾力を保つために必要不可欠な成分です。真皮の中にたっぷりたまっているコラーゲンは紫外線や加齢によってコラーゲンの量が減ってしまいます。しかも、コラーゲンの周りに張り巡らされているエラスチンの線維はハリを保ってくれますが、細くなったり、もろくなったりとしてハリのなく弾力のない肌になってしまいます。

スキンケアの間違いで乾燥している

「毎日が忙しく、メイクを落とさず寝てしまう」「洗顔を疎かにしている」「日焼け止めは夏だけ」というような、基本的なスキンケアが出来ていない場合は、もちろんお肌にとって最悪の状態になってしまう原因の1つですが、メイク落としと洗顔が1つになっているタイプのスキンケアも良いとは言えません。メイク落とし、洗顔、化粧水・・・というスキンケアはやさしく行い自分にあったスキンケア用品を購入するようにしましょう。話題の商品を使ってみるものいいですが、誰かの肌に良くてもあなたの肌にいいのかどうか・・・って感じですよ。

生活習慣も原因

やはり、身体の健康と同じように肌の健康も日頃の生活習慣になります。コンビニ弁当やスーパーの惣菜、好きな物だけを食べるなどの偏った食事は栄養バランスの悪さもあり肌荒れしてしまう原因も大きいです。喫煙や睡眠不足もターンオーバーが狂ってしまい肌荒れの原因になってしまいがちです。

年齢が進むにつれて失われている

今は「弾力もハリもある!」と思っていても年齢を重ねていくとだんだんと失っていきます。30代~40代以降になるとコラーゲンの量は低下、コラーゲンを支えているエラスチンの弾力の低下と言うように、年齢と共に低下してしまいます。年齢には勝てないのではなく、20代の頃と同じような生活やスキンケア用品を使用していると何の効果もなく衰えてしまいます。年齢にあったスキンケア用品や生活スタイルを見直しましょう。

肌の弾力やハリのスキンケア成分

肌の弾力やハリを保つためや、肌を助けるために必要な成分を与えてあげる事で肌の弾力やハリを保ち、衰えを助けることで弾力やハリを保つことが可能になります。肌の弾力やハリを保つためエイジングケアの代表的な成分をご紹介します。

肌の弾力やハリを助ける成分

・レチノール(ビタミンA)
弾力に必要なコラーゲンの生成を促して肌に弾力を与えてくれます。少し刺激のある成分なので敏感肌や肌荒れのひどい人は注意して下さいね。

・ナイアシン(ビタミンB3)

血行促進を代謝を促進してくれ肌にハリを持たしてくれ美白効果もあります。刺激は少ないので敏感肌や肌荒れしている人にも◎

・ビタミンC誘導体

美白成分や皮脂を抑えてくれる効果で肌にハリを出してくれます。肌にとって万能な成分!少し乾燥しやすい成分なので乾燥肌の人は保湿は特に重要になります。

高い効果のある保湿成分

保湿に関してここで解決!

肌の弾力とハリを持続するためのスキンケア方法

やはりキメ肌を作るためには必要な成分を与える事だけではダメです!毎日のスキンケアがあってこその『キメ肌』です。朝晩のスキンケアをしっかり毎日がんばりましょう!!

夜のスキンケア

1.クレンジング2.洗顔3.化粧水4.美容液5.乳液6.保湿クリーム

週に1~2回はパックやシートマスクなどで肌にご褒美を!

朝のスキンケア

1.洗顔2.化粧水3.乳液

忙しい人にはオールインワンジェルが人気!

 

気をつけたいスキンケアポイント!

メイク落としや洗顔の時にはゴシゴシ肌をこすらない事が大切。泡洗顔を使用するなり、泡立てネットで泡立てて泡洗顔は肌に優しく泡であらえるので◎熱いお湯で洗うと乾燥しやすくさせてしまうためぬるま湯か水が◎顔を拭くときはこすらず、清潔なタオルで押さえて水分をとりましょう。スキンケア用品を使用するときは指の腹などでマッサージしながらやさしくつけてあげましょう。

メイクのノリが悪いときは肌の潤いが足りていないことも原因の1つ!弾力やハリは触っても分かりますが、やはりシワやタルミがないor目立たない肌は憧れますよね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました