日焼止めの選び方 !あなたに合う日焼止めは??

女磨きch
スポンサー

紫外線ケアに必要な日焼止めをきちんと使っていますか?美肌、キメ肌を保つには季節に問わずUVケアは必要です。

日焼止め日焼け止めと言っても「日焼けしないための物」と言うことだけで他には意外に知らないことも多いのが現実ですよね。

今回は日焼止めに関する基本情報を知っておくことであなたに合った日焼止めを見つけることが出来るようになりますよ!

スポンサー

日焼け止めの基本の選び方

形状を選ぶ

毎日、使いたい物だからこそ自分に合った日焼け止めを見つけたいですよね!日焼け止めにはクリームやミルク、ローションタイプなど様々な形状があり「何がどうなの?」って思ってしまいますよね!
まずは形状や使用感などについて見ていきましょう。

クリームタイプ

 

肌に密着して落ちにくいので長時間効果を持続したいときにオススメです。
ウォータープルーフの物が多くレジャーにもオススメ!使用感はしっとり!

ミルクタイプ

 

一般的によく見かけるのがミルクタイプです。とろみのある形状で体全体にのばして塗りやすく乳液のような保湿効果があるのでメイク下地としても使用可能。

ジェルタイプ

 

みずみずしいジェルタイプは化粧水みたいに肌なじみが良くサラッとした使用感です。日焼け止め特有のベタっとした感じがしないので延びも良く塗りムラもしにくいので使いやすい。

ローションタイプ

 

外出の時にサッと使用することができ、軽いつけ心地でお肌へのなじみも良いので手軽に使用することができるのが特徴です。肌に優しい使い心地なのでボディソープでも簡単に落とすことができます。

スプレータイプ

 

手を汚さず手軽にシュッと吹きかけるだけでUVケアができるスプレータイプは髪のUVケアにも使用できる物が多いので持ち歩くにも便利ですよね。

パウダータイプ

 

メイク直しやメイクの上からも使用できるパウダーUVケアは外出先でも手軽に使用することが出来ます。パウダータイプは低刺激の物が多く販売されているので敏感肌の人でも使用できます。

生活の中で選ぶ

使う場所や生活の中に合わせて日焼け止めを選ぶ事も大切です。SPFやPAの数値は高ければ良いという物でもありません。肌への負担を考えると外出しないときなど数値の低めの物を選ぶ事も大切です。それでは適切な数値を見て見ましょう。

・SPFは紫外線B波の防止効果を示す数値
この数値が高くなるほど赤く日焼けを起こしてしまうまでの時間が長くなる
・PAは紫外線A波を防ぐための指標で+が多いほど効果が高い
+の指標が多いほど紫外線吸収剤などが入っているということになる。肌への負担が大きくなってしまう

通勤・通学

 

日常生活レベルならSPF10~20・PA++
肌への負担を抑えテカリも少ないので普段使いで使いやすいですよね。UVカット付きのメイク下地を使用するのがオススメで「肌を整え日焼けも防ぐ」2つの役割がいっぺんに出来るので忙しい朝にもってこいです!

野外での軽いレジャー

 

お肌の焼けやすさも人それぞれですが野外の軽いレジャーの場合SP30~・PA+++レベルで意識すれば安心です。紫外線を浴びている時間によっては2~3時間おきに日焼け止めの塗り直しが必要となります。外出先ではスプレータイプでシュッとすれば手も汚れないのでオススメですよ。

炎天下のマリンスポーツやレジャー

 

夏になると炎天下の中の紫外線が強烈に強い浴びることを覚悟して日焼け止めはSPF50以上・PA+++++の数値の高い物を選ぶようにしましょう。マリンスポーツや汗をかくスポーツであればウォータープルーフの物の日焼け止めは必須です。ウォータープルーフの物でもこまめに塗り直す必要があることをしっかり把握しておきましょう。

お肌の質

日焼け止めは1つのスキンケア用品となります。自分のお肌に合う日焼け止めを選ぶ事が大切です。肌質は体調や季節によって変わることもあるので自分の肌質をチェックして自分のお肌に合う物をチョイスして使用するようにしましょう。

簡単肌質チェック
洗顔後タオルで拭いた後10分ほど放置して後のお肌の状態
・つっぱり感や油分を感じない「普通肌」
・つっぱり感がある「乾燥肌」
・油分を感じる「脂性肌」
・部分的につっぱり感を感じる「混合肌」
・つっぱり感ヒリヒリ感油分がない「敏感肌」

「普通肌」

どんなタイプの日焼け止めでも基本はOK!あなたの好みのテクスチャーのアイテムをチョイスしても大丈夫です。こまめに塗り直すことは大切です。

「脂性肌」

ベタつきの気になるお肌は皮脂コントロール成分や皮脂吸収成分が配合されている物を選べば気になるテカリをおさえることが出来ます。ジェルタイプやミルクタイプなら軽いつけ心地なのでオススメ。

「乾燥肌」

乾燥肌のあなたには美容成分や保湿成分が入っている日焼け止めを選びましょう。保湿力のあるクリームタイプやミルクタイプがオススメ。日焼け止めを塗っても乾燥が気になる方は日焼け止めを塗る前の保湿ケアをしておきましょう。

「混合肌」

乾燥による粉ふきと皮脂による崩れが気になる混合肌のあなたはUVカット配合のメイク下地やUVカット機能が備わった乳液を使用するのがオススメです。日焼け止めをベースメイクの一環としてしておくことが良いですよ。

「敏感肌」

外部からの刺激に弱い敏感肌のあなたは日焼け止めの成分がお肌に合わないこともあります。特に紫外線吸収剤は肌への負担が大きいので刺激を感じてしまうかも!敏感肌の人には「ノンケミカル」を記載されている日焼け止めがオススメ。

日焼け止め選びの基本をご紹介しました!あなたの肌に合うものや生活シーンの中で適した日焼け止めを選ぶ事が肌への負担も減らしくれます。
生活に応じて日焼け止めを用意していればこれからの季節は安心ですよね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました