日焼け止めで乾燥してしまう!なんで?乾燥しない方法は?

女磨きch
スポンサー

日焼け止めは日焼けだけでなく紫外線対策として肌の原因となるクスミやシミも防ぐ為に必要なスキンケアです。しかし、日焼け止めを使うと乾燥してしまう!という人も多いですよね。
そこで今回は日焼け止めで乾燥してしまう原因や日焼け止めの塗り方も伝授します!

スポンサー

日焼け止めで乾燥してしまうの原因

日焼け止めを使って少し時間が経つとつっぱたり、白く粉が吹いているようになったり、手の皺が白くなってたりと乾燥してしまっている事ありますよね!
顔が乾燥してしまうとメイク崩れも起こしやすくパサパサしている感じになったりと日焼け止めでの乾燥は悩み物ですよね。

日焼け止めで乾燥してしまうのは紫外線に含まれている成分が問題なのです!

紫外線が肌に悪いことは知っている・・・って感じですよね(..;)

日焼け止めで乾燥してしまう原因が知りたい!ですよね。

それは・・・

ズバリ!

日焼け止めに入っている成分が乾燥をさせてしまっています。

それは「サンスクリーン剤」

サンスクリーン剤の2大成分の「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」が日焼け止めに含まれていることで乾燥してしまっているのです。

日焼け止めの乾燥の2大成分

紫外線吸収剤とは

「紫外線を吸収してエネルギーに変えて肌へのUVダメージを防いでくれる成分」

実は石油由来の合成成分なので肌への負担は大きいのが現実!

紫外線からのダメージは防いでくれても成分は肌にダメージを与えてしまうというなんとも言えない成分なのです(;゚ロ゚)

敏感肌のように肌が弱い方にはアレルギーの原因となってしまう事があるので日焼け止めの成分表示はしっかりチェックした方が良いですよ。

紫外線散乱剤とは

「肌の表面をパウダーで反射させて紫外線から肌へのダメージを防いでくれる成分」

酸化チタンや酸化鉄・酸化亜鉛などの金属、マイカ・タルクなどの鉱物をパウダー状にしたものです。肌の表面を反射させる為の成分なので紫外線吸収剤より肌への負担は少ないので紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めも販売されています。

しかし紫外線散乱剤だけの日焼け止めはドロッとしていてベタつき感があり、パウダーが肌の水分や皮脂を吸収してしまい乾燥や白浮きしていまう原因となってしまいます。

日焼けはしたくないけど肌に悪影響・・・どうすれば良いの?ってなりますよね!

肌が乾燥してしまうのは日焼け止めだけではない

それは・・・

「お肌の乾燥が原因」

日焼け止めを使用すると肌が乾燥してしまう!日焼け止めのせいだと思っている人も多いはずです。肌のコンディションや体調、睡眠不足など肌へのバリアが低下していると肌が乾燥しやすくなっている事もあり、日焼け止めを使用することで肌へ刺激を与えてしまう事で乾燥を感じてしまうこともあります。

日焼け止めの塗り方

春から夏になると紫外線が増えると顔だけではなく体にもしっかりと日焼け止めを使用してUV対策をしたいですよね!しかし、何気なく使用している日焼け止めの使用方法をしっかり押さえているだけでうっかり日焼け止めの盲点もちゃんと確認しておきましょう。

日焼け止め使用するときのポイント

日焼け止めは肌へムラなく均一に塗られているのがベスト!
忙しい朝にはパッパッと日焼止めを塗って出かけてしまいがちですが、塗りムラや塗れてない部分があったりと偏ってしまっています。

日焼け止めの塗り方

<顔>


適量・・・クリームタイプは「パール1個分」・エマルジョンタイプ「1円玉硬貨大」

1.顔5カ所(おでこ・両頬・鼻・あご)に置く。
2.指全体を使用して馴染ませていく。
・両頬・おでこは中心から顔端に向かって広げていく。
・鼻は上から下へ。
・あごは中心からフェイスラインに向かって馴染ませていく。
・目元は目頭から目尻に向かって馴染ませる。
3.適量を2度繰り返して馴染ませる。

<首>


首の皺に日焼け止めが入ってしまいやすいゾーンとなっていますのでストレッチしながら塗っていきましょう。
・首前→上を向く
・首後ろ→下を向く
・首横→傾ける

<ボディ編>

体への日焼け止めは塗る範囲が広いのでムラになりがち(;゚ロ゚)ムラを防ぐには、日焼け止めを直接線上に出します。幅はストロー長さは塗りたい箇所の長さで日焼け止めを出しましょう。多いと感じてしまうかも知れませんが日焼け止めの効果を出すためには必要な適量と思いましょう!

日焼け止めを手の平で包み込むように大きな楕円を描きながら広げていき、馴染ませます。

ポイント!
2層タイプの日焼け止めの場合はしっかり振ってから使用するなどして日焼け止めの使い方を確認して肌に塗って下さいね!!

注意!やってはいけない日焼け止めの使用方法

保湿ケアをしないで日焼け止め

保湿をしないで日焼け止めをしてしまう事で乾燥、肌荒れ、皮脂崩れを起こしてしまいやすくなってしまいます。保湿ケアする時間がない!!場合などは日焼け止めと乳液が1つになった日焼け止めを使用するのもあり!

日焼け止めを手の平ですりあわせて塗る

両手で日焼け止めをするあわせて顔を包み込むように塗ってしまうと塗りムラがあったり、ぬれていない箇所があっったり、顔全体にぬれていなかったりとしてしまいます。

使用量を少なくする

日焼け止めはべたつくからといって使用量を減らしてしまうと効果が激減してしまいまい紫外線対策の効果を得ることが出来なくなってしまいます。

外出直前に塗る

紫外線は家にいても油断してはいけません。洗濯物、ゴミ捨て、窓ガラスからでも紫外線を浴びてしまい少しの紫外線と思っていても紫外線を蓄積してしまい肌へのダメージとなってしまします。朝のスキンケアの一貫として日焼け止めを年中使用しましょう。

日焼け止めの忘れがちな箇所

日焼け止めを顔・首・ボディにちゃんと塗っているつもりでもうっかり忘れがちな箇所もあるので日焼け止めの忘れがちな箇所をご紹介しておきますね。最近ではマスク焼けの用心も心がけておかなければなりませんよ!

「顔編」

・髪の生え際
・眉間
・耳
・小鼻
・フェイスライン
・首の後ろ

「ボディ編」

・脇の側面
・手足の甲
・ひざ裏
・手足の指の間

日焼け止めの塗り直しは?効果を保つために

日焼け止めの効果を保つには

2~3時間おきにつけなおしましょう!

次のような場合にも必要ですよ!

・汗をかいたり、泳いだりした後。タオルで拭いた場合にも!
・紫外線に敏感な人
・日焼けしやすい箇所(肩・頬・鼻・おでこ)など
・手を洗ったときなど

拭いたり、日焼け止めが流れやすい時には塗り直しを意識しておくようにしましょう。

紫外線対策は年中無休でしておく方が良いですが、紫外線の量が多くなる春から夏は特に注意が必要となってきますので意識して日焼け止めを使用するようにしましょう。
紫外線対策をしっかり行う事でキレイな「キメ肌」「美肌」を保つ事が出来るのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました