女は自分磨きを辞めたときおばさんになる『お肌のシワのお手入れ編』

女磨きch
スポンサー

目元や口元、額などに「シワ」があるとショックですよね!!『ちゃんとスキンケアしているのに何でシワが出来るの??』って思ってますか?シワが深ければ深いほど老けて見えてしまい実年齢よりも老けて見えてしまいます。顔に出来てしまったシワは早めの対策で改善する事ができて、シワを浅く、そして予防にも繋がります。
しっかり「シワ」について知っておくことが大切ですよ!

スポンサー

シワの種類は2種類と種類別の原因

いつの間にかある「シワ」は見た目にとって最大の敵!年齢のせいにしてませんか?年齢を重ねると肌の弾力やハリが減少してしまいますが、弾力やハリが衰えているからだけの問題ではありません。顔に出来る「シワ」には2種類ありますが何故「シワ」が出来てしまうのか?今回は「シワ」ができてしまう原因を種類別にご紹介していますのでシッカリ理解しておきましょう。

表情のシワ

表情にできる「シワ」は細かく分けると2種類あり「表情ジワ」と「表情の癖ジワ」についてご案内しますね!

表情ジワ

「口元や目元にできる細かい浅いシワ」

肌が乾燥しているときに表情ジワを見えることがありメイクをするときに気がつくことが多々ありますが一般的には「小ジワ」「ちりめんジワ」ともよく言われるシワのことです。

表情ジワは保湿が足りなかったり、スキンケアが間違っていたりする原因があります。

表情の癖ジワ

「眉間やおでこにできるシワ」

表情を変えたときに一時的に現れるシワですが、「しかめっ面」など度々同じ表情や同じ場所にシワを寄せていると深くなってしまうシワです。

表情から出来てしまうシワは「表情筋」によって発生するシワですが肌の弾力やハリが減少為てしまうとシワが戻りにくくなりシワが定着してしまいます。

真皮ジワ

「ほうれい線や目の下の深くて大きなシワ」

肌のタルミと同様にできるシワですが、老いて見えてしまう目立つシワです。しっかりとタルミケアをしないといつの間にか出来てしまっています。

肌の弾力やハリお低下や紫外線によりダメージが原因となっています。

今気になる「シワ」の種類別の対策成分

表情ジワ

表情ジワ

肌の乾燥から発生してしまう細かい浅いシワは、肌の水分不足なのでしっかり保湿ケアをしましょう。保湿ケアには高い保湿成分が入ったスキンケア用品を使用するようにしましょう。

保湿効果の高い成分

・セラミド
セラミドは肌のバリア機能があり本来の肌の水分を保ってくれる効果があります。
「ヒト型セラミド1」「ヒト型セラミドNP」など名称のセラミドの後に英数字がつくものが「ヒト型セラミド」と言われており数字1~6は肌に最もなじみやすく保湿効果が高いのでオススメで

・ヒアルロン酸
肌の弾力やハリを保ってくれる成分で季節を問わず肌をうるおってくれます・コラーゲン
肌によくなじみ水分と弾力を与えてくれる成分で保湿と肌を水分の蒸発を保護してくれます。

・コラーゲン
肌ににとって大切なコラーゲンは弾力と水分を保つための成分として代表的な成分です。肌の保湿や保護してくれシワ対策にも効果的です。

表情癖ジワ

表情の癖ジワは表情によって出来てしまうシワなので、「しかめっ面」「眉間を寄せる」「目を見開く」などのシワのよる表情をしてしまう癖を直しましょう。しかし、何気なくやってしまう表情の癖を直すのは難しいですよね。

表情の癖ジワには「表情筋」を鍛える事が◎表情癖ジワによるエクササイズする箇所をご紹介しますね。

・おでこのシワに効果的「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」眼の奥の筋肉

・下まぶたや眉間のシワに効果的「眼輪筋(がんりんきん)」「皺眉筋(しゅうびきん)」「鼻根筋(びこんきん)」眼の周りの筋肉

・ほうれい線やマリオネット線に効果的「口輪筋(こうりんきん)」口の周りの筋肉

真皮ジワ

肌に弾力やハリを与える必要がありコラーゲンやエラスチン成分はスキンケア用品で生成を促しましょう。特に弾力やハリを生成して促してくれる成分をご紹介しますね。

・レチノール
「ビタミンA」の一種で肌のハリを保つコラーゲンの生成を促してくれます。

・ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)
「ビタミンB群」の一種で肌の代謝を良くしてくれ血行促進効果で肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を促してくれます。

・ビタミンC誘導体
「ビタミンC」を肌に吸収しやすくしてくれ皮脂を抑えてくれ美白作用もありコラーゲンの生成を促してくれる万能な成分です。

シワの増殖を防ぐ習慣

シワって無ければない方がいいのでシワができるのを防ぎたいですよね。そして今あるシワからシワの増殖を防ぐための習慣を知っておきましょう。知っておくことで今後のシワ対策に役立つ情報なのでしっかりチャックしておきましょう。

毎日のスキンケア

 

 

肌にとって乾燥は大敵です!!乾燥してしまうと弾力やハリだけではなく、楠井の原因やシワの原因にもなってしまいます。シワの原因となってしまう間違ったスキンケアを見てみましょう。

シワになってしまうスキンケアとは

シートタイプのメイク落とし
手軽にメイクを落とせるシートタイプのメイク落としは肌を摩擦してしまい傷をつけてしまっています。
正解↓
◎洗い流すタイプのメイク落とし
洗い流すタイプのメイク落としは指の腹の部分でやさしくマッサージしながらしましょう。

ゴシゴシ洗顔
ゴシゴシこする洗顔も肌を刺激して摩擦してしまうのでタブー
正解↓
◎洗い流すタイプの洗顔

泡立てネットでモコモコ泡で泡洗顔しましょう。

保湿でシワ伸ばし
スキンケア用品を使用するときシワを伸ばそうと引っ張ってみたりすると肌を刺激してしまいハリが失われてしまう原因になってしまうこともあります。
正解↓
◎化粧水・美容液・乳液はハンドプレスでなじませましょう。

UVケアは夏だけ
紫外線対策は「夏だけ」「天気のいい日だけ」ではNGです。
正解↓
◎季節問わず紫外線はあります。夏だけでは無く季節や天候に関係なく使用しましょう。

睡眠の質

 

ターンオーバーは寝ている間に行われハリを保ってくれるコラーゲンの生成も行われています。質の良い睡眠をとることで美肌効果を維持することが出来るのでシワ予防にも繋がります。

 

質の良い睡眠とは

寝る時間と起きる時間はなるべく同じ時間が◎
睡眠リズムは出来るだけ同じ時間にすることでシッカリ熟睡しやすくなります。眠り初めの3時間は肌に必要なホルモンが多く分泌されているターンオーバーに大切な時間となります。

寝る前はスマホやテレビ、PCなどを見ない
画面の光の刺激で眠りが浅くなってしまう原因になってしまいます。眠る前は読書などを楽しむようにしましょう。

睡眠時間は6時間は必要
睡眠時間は平均6時間くらいが必要とされています。スムーズにターンオーバーをするためにも必要な時間とも言えます。

 

肌の為の食事

 

肌の為の食べ物は「抗酸化作用のあるもの」は肌の老化や肌の弾力やハリを保ってくれシワ予防にも効果的です。抗酸化作用のある食材を積極的に食べることで肌の老化を防いでくれます。

シワ・肌の老化を防いでくれる食材

・ビタミンC
ピーマン・ブロッコリー・キュウイフルーツ・イチゴ・ネーブル・レモンなど

・ビタミンA
ウナギ・豚レバー・鶏レバー・バター・鶏卵・ニンジン・焼き海苔など

・ビタミンE
植物油・ナッツ類(ピーナッツ・セーゼルナッツ・アーモンド他)・種子類(ひまわりの種など)ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜・ツナ・かぼちゃ

活性酸素を増やしてしまうタブー✖な食べ物

インスタント食品・揚げ物などの油っこい物・加工食品

紫外線

肌にとって紫外線はいらない物と言っても過言ではないくらい肌トラブルの原因になってしまします。そして紫外線の量や強さは季節によって違いますが、365日年中、紫外線は降り注がれています。毎日、常に紫外線予防は大切なので紫外線防止効果のあるコスメ、日傘、防止、UVカットのされている物を使用するようにしましょう。日焼け止めクリームは1日1回ではなく、汗をかいたら塗りなおしたり、時間おきに塗り直す必要があります。

肌にとって紫外線の悪影響

肌の乾燥・酸化・糖化・クスミ・シワ・タルミ

日焼け止めクリームは1日1回ではなく、汗をかいたら塗りなおしたり、時間おきに塗り直す必要があります。

毎日、地道なスキンケアが『キメ肌』にとって必要ですが、シワが気になり始めたら早めスキンケアが必要となっています。首元や手も年齢を表している言われているので首や手も丁寧にスキンケアする事を忘れないで下さいね。

シワの部位別の改善情報は下記

コメント

タイトルとURLをコピーしました