女は自分磨きを辞めたときおばさんになる『口元のシワの原因と予防と対策』

女磨きch
スポンサー

シワが気になりはじめたら早めの対策をするのが大切です。まだ大丈夫!と思っているとだんだんとシワの数が増えたり、深いシワになってしまったりします。顔の部位によってシワに対する対策方法が違うため気になるシワに対して対応しなければなりません。
口元のシワの代表格はほうれい線ですが、小ジワや唇のシワなどあれば口元以外の部位が若々しくても、一気に老いてしまった様に見えてしまいます。口元のシワの原因や対策をしっかり理解して美しい口元を目指してケアしましょう。

スポンサー

口元や唇のシワの原因は何?

口元には小ジワや笑いジワ、ほうれい線、マリオネットラインなど様々な種類のシワが出来てしまいます。口元にシワがあれば目立ってしまい気になってしまいますよね。口元のシワができる原因を知って対策しましょう。

口元

鏡を持って自分の口元を見てみて下さい!
細かく浅いシワがいくつもあれば乾燥が原因で出来る「ちりめんジワ」肌の水分が足りないことで出来てしまうのでシッカリ保湿する事でシワが目立たなくなります。
口元を動かしてみると線がくっきりと入ったほうれい線が目立ってしまう場合は「表情ジワ」表情の動きで何度も同じ場所にシワを寄せていることで表情ジワになってしまいます。日頃の表情でシワがついてしまうので毎日のマッサージや同じ表情をしないように気をつけましょう。
若くてもシワは出来てしまいますが、加齢と共に出来てしまうシワは肌の弾力やハリの低下で線の深いシワが出来てしまうので、スキンケアが重要となってきます。

くちびる

唇のターンオーバーは6日~7日と周期が早めでダメージの期間も短く感じてしまいますが、唇には皮脂腺がないので乾燥しやすく潤いが保てないので唇を保湿する事が大切になります。唇は縦ジワが主に現れ乾燥してしまうとガサガサになったり切れたりしてしまいます。乾燥しているのを放置してしまうと唇と鼻の間にも口をすぼめたときのような縦ジワが入ってしまいます。

口元と唇のスキンケア方法とシワ対策

口元や唇のシワは日頃のスキンケアで目立たなくなります。効果的なスキンケア方法とシワ対策をご紹介しますね。
シワが出来てしまったと諦めずに毎日のスキンケアに一手間加えるだけでぷるぷるでキュートな唇になりますよ。

スキンケアは保湿重視

口元は乾燥しやすいのでしっかりと保湿する事が大切です。顔全体のスキンケアの時に化粧水や乳液を手のひらで温め、肌に押し込むように馴染ませシートパックなどで潤いを肌全体に与えましょう。顔全体のスキンケアの時に口元にもしっかり保湿する事が大切です。シワの溝にもしっかりと保湿するように丁寧にやさしくスキンケアしましょう。

唇の保湿はリップクリームパック

唇が乾燥してしまったらリップクリームを塗りますが、家で簡単にできる「リップクリームパック」をするとぷるぷるの唇を手に入れることが出来ます。
「リップクリームパックのやり方」
1.普段使っているリップクリームをたっぷり唇に塗ります。
2.唇の上にラップをかぶせて約10分間放置します。ラップの上にホットタオルをのせるとより効果があります。

簡単にできるのでやってみる価値ありですよ!

口元に効果ありのマッサージ方

顔の筋肉をほぐしたり、シワの原因である乾燥対策をシッカリ行うことでシワを減少させることができシワ予防にもなります。マッサージするときには肌をこすって傷つけないようにクリームやオイルをつけてしましょう。

マッサージ方法

1.手のひらで頬を下から持ち上げるように顎からこめかみまで持ち上げて   後ろに流すようにします。
2.中指と薬指の腹を使ってします。上唇は唇の真ん中から口角まで滑らせ、下唇は口角を持ち上げるように滑らせます。
3.耳の下を2秒~3秒押して首筋から鎖骨へと老廃物を流します。

 

 

 

マスクで口元は隠れていますが、マスク時代が終わると口元のスキンケアをしていないと気がつかないうちにシワやほうれい線が。。。って事にならないようにしましょう

女は自分磨きを辞めたときおばさんになる『目元のシワの原因と予防と対策』
シワが気になりはじめたら早めの対策をするのが大切です。まだ大丈夫!と思っているとだんだんとシワの数が増えたり、深いシワになってしまったりします。顔の部位によってシワに対する対策方法が違うため気になるシワに対して対応しなければなりません。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました