女は自分磨きを辞めたときおばさんになる『おでこのシワの原因と予防と対策』

女磨きch
スポンサー

シワが気になりはじめたら早めの対策をするのが大切です。まだ大丈夫!と思っているとだんだんとシワの数が増えたり、深いシワになってしまったりします。顔の部位によってシワに対する対策方法が違うため気になるシワに対して対応しなければなりません。
おでこは顔の中でも広い部分で縦ジワ・横ジワで入ってしまう最悪の部位となります。おでこにシワが出来てしまう原因を知ることで今後、シワ予防をする事が出来ますので、しっかり理解しましょう。

スポンサー

おでこのシワの原因は何?

眉間の入ってしまった縦ジワは印象も悪く怒っているかのような印象になってしまうこともあります。シワに貴方自身に合わせたスキンケアでシワのない綺麗なおでこを目指しましょう。

紫外線&乾燥のダメージ

紫外線は肌を乾燥させて肌を老化させてしまう肌の敵!乾燥によってシワを生んでしまうので年齢に関係なく肌にダメージを与えてしまいます。おでこは特に紫外線を浴びやすいので紫外線対策が大切となります。しかし、おでこは皮脂が多く汗をかきやすいので乾燥していることに気がつきにくい場所となります。そしてべたついてしまうことであぶらとり紙などで皮脂を取り過ぎてしまい乾燥を促してしまいます。

表情の癖ジワ

おでこを上げたり下げたりと繰り返す事でシワが肌に定着してしまいがちで、肌に弾力やハリがないと形状記憶として溝の深いシワになってしまいます。ストレスや疲れがたまっていることで表情がこわばったり、しかめっ面になったりしていて知らない間にシワが出来やすい癖になっていることもあります。

おでこのスキンケア方法とシワ対策

シワの出来にくいおでこを目指してなめらかな肌になるためのスキンケア方法とシワ予防をご紹介しますね。

何よりも保湿

Tゾーンと言えばテカリや皮脂が気になり保湿を控えめにしてしまいがち。肌が極度に乾燥してしまうと肌を守るために皮脂が出てしまう現象があるので、おでこの肌の中は乾燥しているかも知れません。おでこはベタベタするからと言って洗顔を多くしてしてみたりあぶらとり紙などで皮脂をとってしまったりを繰り返してしまうとおでこはどんどん乾燥してしまいます。
しっかりとおでこを保湿することでうるおいと皮脂のバランスが保たれテカリも目立たなくなってシワの出来にくい肌になりますよ。

紫外線対策は1年中

紫外線は夏だけではなく年中降り注いでいます。紫外線は肌にとってトラブルの原因になってしまいがちなので、紫外線対策はシッカリすることが大切です。日焼け止めにはSPFの数値に関係なくクレンジングが不要な物以外は紫外線量やライフスタイル似合わせて使い分けましょう。日焼け止めが肌に残ると肌トラブルの原因にもなってしまうので、クレンジングを使用して洗い流しましょう。

おでこのシワに効くマッサージ

毎日のケアを見直すことでおでこのシワがなめらかになって目立たなくなることもあります。おでこのマッサージを覚えて今日からシワ改善&シワ予防しましょう。

 

マッサージ方法

1.薬指と中指の腹を使っておでこの中央からこめかみに向かってマッサージをします。
2.らせんを描くようにマッサージをします。
3.最後にこめかみをプッシュ。

マッサージをするときは摩擦を抑える為にクリームやオイルなどを使用して行うようにしましょう。指に力を入れずやさしくする事がポイント!

コメント

タイトルとURLをコピーしました