女は自分磨きを辞めたときおばさんになる『首元のシワの原因と予防と対策』

女磨きch
スポンサー

シワが気になりはじめたら早めの対策をするのが大切です。まだ大丈夫!と思っているとだんだんとシワの数が増えたり、深いシワになってしまったりします。顔の部位によってシワに対する対策方法が違うため気になるシワに対して対応しなければなりません。
首を見れば年齢が分かると言われる「若さを示すバロメーター」ですが、メイクで隠す事が出来ないのでシワは目立ちやすいですよね。首元のシワの原因を知り、しっかり対策をしましょう。

スポンサー

首のシワの原因は何?

自分にできるシワの原因をしっかり理解することでシワ予防する事が出来ます。肌の弾力やハリがシワに対して大切で、顔のタルミで肌が下がってしまうと首まで影響をうけてしまい首のしわが深くなってしまいます。

コラーゲンが減少

新陳代謝が活発であればコラーゲンがどんどん生成されて促され古くなったコラーゲンは排出されていきます。しかし、新陳代謝が低下してしまうとコラーゲンが減少してしまい古くなった@コラーゲンは排出されず肌に蓄積され固まってしまいシワやタルミの原因になってしまいます。コラーゲンが少なくなってしまうことで水分も少なくなってしまい肌の潤いを保つ力がなくなり弾力やハリが低下してしまいます。

乾燥は大敵

首を触って分かると思いますが、顔の皮膚より首の皮膚の方が薄く感じますよね。肌が薄い分保湿する力が少ないので乾燥しやすい部位となります。そして首は汗をかきやすく、汗で表面の水分を奪ってしまうため乾燥しやすくなってしまいます。紫外線対策も疎かになりがちな首は紫外線からのダメージもあり乾燥しやすくなってしまいます。

姿勢の形状記憶

スマホやパソコンなどを活用するシーンでは下を向く姿勢を長時間してしまいますが、長時間下を向いていることで首にシワがより形状記憶のように深いシワが入ってしまいます。肌にコラーゲンや水分がしっかりとあり弾力やハリがあることで姿勢を戻せば元に戻りますが、弾力やハリがない、水分不足だとシワとして残りやすくなってしまいます。

首元のスキンケア方法とシワ対策

毎日の生活の中で少しだけ首を意識すればシワの予防はできます。首にシワを減少、増殖させないための対策をご紹介しますね。

枕の高さ

人は人生の3分の1は睡眠と言われるほどですよね。そして首へのシワの負担は「自分にあった枕を選ぶ事」が大切になります。首にシワが出来ている状態で眠ることでシワが形状記憶してしまうので注意が必要です。
枕が高すぎると顎を引いているような姿勢になってしまいシワが形状記憶されてしまい、枕が低すぎると血液の流れが悪くなるので睡眠の質が悪くなり浅い眠りになってしまい肌にとっても悪い状態となります。
理想の枕の高さ
立っているときと同じように頭・首・背中の位置が一直線の状態で眠ることが良く、枕の高さは一般的に3㎝~5㎝位と言われています。

しっかり首まで保湿

顔のスキンケアはしっかりやっている!しかし、首まではしていないという人も多いのではないでしょうか?顔のスキンケアするときに化粧水や乳液を首まで伸ばして付けましょう。毎日、きちんと顔と一緒にスキンケアする事でシワの出来にくい弾力とハリのあるなめらかな首元になります。首の保湿には専用クリームなど使用するのをオススメします。

首元のシワに効くマッサージ

首のシワに効果的なマッサージをして血液の流れを良くして代謝をあげましょう。

マッサージ方法

1.首の右側は左手。首の左側は右手で行います。指の腹を使って首筋から肩の方まで小さな円を描くようにします。
2.肩まできたら鎖骨まですべらせ流していきます。

※お風呂に入った後は血行が良くなっているので老廃物も流れやすくなっているので入浴後やスキンケア後にマッサージをするのをオススメします。クリームなどを使用すると滑りやすく流しやすくなります。
注意:ゴシゴシと力を加えてしまうと肌を刺激してしまうのでシワの原因となってしまうので、力を入れすぎないように気をつけましょう。

首元ってあまり気にしていない人もいるのではないでしょうか?「年齢は首元から分かる」って言われるほど首元はしっかりスキンケアしておきましょう

コメント

  1. ミツ より:

    優しいイラストと文章で、癒やされました。ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました